私たちが住んでいる地球は宇宙の中にある無数の惑星の1つにしか過ぎません。この宇宙を知るにはまず誕生の秘密を解き明かさなければなりません。つまり、ビックバン理論です。

宇宙を知るには誕生の秘密を知る事

ビッグバン理論は、天文学や物理学では、宇宙の始まりを説明する宇宙論モデルに、非常に高いエネルギーを持った小さな物質と空間が約150億年前の巨大な爆発を介して宇宙になったとする理論である。

このビックバン理論によると、大爆発の前には現在の宇宙に存在するすべての物質とエネルギーは小さい点に閉じ込められていたと考えられる。爆発の瞬間に、その小さな点からの物質とエネルギーが爆発して互いから遠ざかり始めた。

この物質とエネルギーが銀河と銀河の内部の天体を形成することになった。この宇宙が膨張しているという理論は、地上約600キロメートル上空にあるハッブル宇宙望遠鏡の観測を根拠としている。

また、エドウィン・パウエル・ハッブル(アメリカ合衆国の天文学者)は銀河の移動速度は、地球との距離に比例するという事実も分かった。これは、銀河が地球から離れているほど急速に遠ざかっていることを意味する。ジョルジュ・ルメートル(ベルギー出身の宇宙物理学者、天文学者)は、宇宙の起源について、後に膨張宇宙論を提唱した。

彼はビックバン理論の提唱者で自らの宇宙の起源の説を「原始的原子の仮説」と呼んでいた。このモデルの枠組みは、 アルバート・アインシュタインの一般相対性理論に基づいている。

これらの方程式は、 アレクサンドル・フリードマン(ソビエト連邦の気象学者、数学者、宇宙物理学者)によって定式化したことで知られる。ルメットルが1927年に提案したように、 エドウィン・ハッブルが1929年遠く離れた銀河の距離が大きくなるほど、互いに離れる相対速度も距離に比例して大きくなるというハッブルの法則が発見される。

1964年には宇宙のマイクロ波を研究する天文学者、宇宙からノイズを発見した。このノイズは、いくつかの領域から出てくるのではなく、宇宙のあちこちで発生した。このノイズは、初期の大爆発(ビックバン)で残されたコピー騒音と推定されている。

もし、現在の銀河クラスタ間の距離が徐々に遠ざかっているということは、過去には全てがお互いに近い個所に集まっていただろう。このような考え方は、最終的には非常に密集されて 、非常に熱かった時点が過去に存在したという推測に帰結される。

この理論と似たような状況を再現して確認するために、大きな粒子加速器が作られたが、粒子加速器は、最終的にこれらの高エネルギー領域を調査するために、機能的限界を示した。

ビッグバン理論が最初の膨張の後、宇宙の一般的な変化について説明をすることができたとしても、膨張直後に関連付けられている証拠もなしに、これらの基本的な状況について、一切証明もできない。

この宇宙の始まりとされる「ビックバン」という単語は1949年にフレッド・ホイル(イギリスの天文学者・SF作家)がラジオ放送で初めて提唱し、現在の天文学の源流となった。